Q1.変な組織ではないの?(生活の発見会ってどういう組織なの?)

A. NPO法人「生活の発見会」は神経症に悩む人たちがその克服をめざし、どんな政治、宗教団体にも属さず会員の自主運営による自助グループです。また日本森田療法学会やメンタルヘルス岡本記念財団の支援や協力をいただきながら活動 […]

Q2.生活の発見会はいつからあるの?

A. 1956年(昭和31年)に現在の発見会の前身である啓心会が発足。翌57年(昭和32年)に同人組織となり「生活の発見誌」を創刊しました。1970年(昭和45年)3月、生活の発見会は同人組織を改め、会員相互の助け合いに […]

Q3.本当に治るの?

A. 神経症によって現れる症状はそれぞれ違いますが、原因は同じところにあって学習と実践によって治るというのが森田療法理論の考え方です。また神経症におちいるカラクリを学習して、学んだことを実際に日常生活のなかで応用させてい […]

Q4.早く治るコツを教えて下さい?

A. 森田の理論学習は神経症の特効薬ではありません。本を一回読んだから、集談会に2~3回出席したからといって、ピタリと症状がなくなるものではありません。学習―実践の繰り返しが大切で自分自身で自分の誤った行動を軌道修正して […]

Q5.集談会ってどんな人がいるの?

A. 悩みを抱える人達が集まっているから「集談会の雰囲気は暗いのではないか。」と想像されるかもしれません。しかし症状を克服した幹事や世話人などで、しっかりと会が運営され、初めて参加人たちから「集談会の雰囲気って意外と明る […]