行動が性格を変える /長谷川 洋三 (前・生活の発見会会長)

行動とは何か
 
まずはじめに、行動とは何か、ということを考えてみましょう。
私は、ときどき近くの公園を散歩します。幼稚園の子どもたちが先生に引率されてやってきます。先日通りかかりましたら、子どもたちが五、六人かたまっています。近づくと、「あ、動いた、生きている!」「ほんと、生きている!」とさわいでいるんです。小枝や落葉で毛虫のようなものにこわごわふれて、ぴくっと動くたびに、歓声をあげているのです。子どもたちは、動くか動かないかで、生きているか死んでいるかを判断しているのです。これは、たいへん大事なことだと思います。
 動く、運動ということのないいのち(・・・)は考えられないですね。しかし、運動そのものは、いのち(・・・)ではない。いのちにともなう現象、生命現象というものでしょうが、この生命現象によって私たちはいのちを考えていきます。
 ところで、いま私たちがここでとりあげている行動は、生命現象である運動とどう違うのでしょうか。
 私たちが行動という場合、なにかそこに意志が働いているのではないでしょうか。
 行動するということは、私たちがそれぞれおかれた環境のもとで、ある目的を達成するために、いろいろな条件を考え、選択をし、適当と判断した行動をとっていくことです。昆虫などが外界からの刺激に反応して反射運動をするのとは、だいぶ違います。
 人間の行動も内外からの刺激に対する運動には違いありませんが、人間の行動には、判断とか意志とかいう精神的な要素が大きくものをいっています。この精神的要素は、人によって、また年齢によって、環境によって違ってきます。
 私たちが神経質症に悩んでいるときの、ものの見方・考え方と、森田理論を学習してからのそれとは違います。ものの見方・考え方が違えば、外界から、あるいは内界からの刺激に対する対応も違ってきます。 対人恐怖の人は、人前で緊張する、赤面する、あるいは視線が気になるというようなことを、自分だけにある異常なことと思いこみ、耐えがたい恥辱であり、劣等性であると信じこんで、なんとかして緊張すまい、赤面すまいとムダな努力をします。さらにそういう努力を人に知られないために、虚勢をはったり、逃げたりしています。ところが森田理論の学習によって、対人恐怖や赤面や、視線のやり場に困るといったことは、時と場合によって誰にでもあることで、それが人間の自然の性情―人間性であることを自覚し、虚勢をはったり、逃げたりしないで、恥ずかしいままに対応するようになります。
 要するに、私たちの行動には、私たちのものの見方・考え方、判断、意志という重要な精神活動があるということ、その見方・考え方に誤りがあり、選択に誤りがあると、環境に正しく適応できない、ということになります。



性格は行動様式の総和

こんどは、性格について考えてみましょう。学習会や集談会で、あるいは本で学習されたことでしょうが、おさらいのつもりで考えていきましょう。性格とは何か、なかなかひと口でいえないところに、性格というものの特徴があるわけです。
学者によりますと、性格とは私たち一人ひとりのとる行動様式の総和だといいます。また、行動をきめる個人条件の総体だともいいます。北海道学芸大学名誉教授の藤野武先生は、性格の特性として、つぎの五点をあげておられます。
 一つは間接性ということです。
性格とはこれだ、というように、とり出して見るわけにはいきません。ちょうど、いのちとはこれだと、とり出して見られないようなものです。その人が日ごろどんな行動をとり、どんなことをいっているか、その言動によって、どういう性格の人かを理解します。
その人の行動様式を通して、間接的に理解するしかありません。
 第二は独自性です。
いうまでもなく、これは十人十色ということです。ここにおられる皆さん、私をふくめて、一人ひとり顔かたちが違っているように、それぞれユニークな性格の持主という点では共通していますが、実際は、みんなそれぞれユニークです。
対人恐怖の人が心臓神経症に悩む人の気が知れないといぶかしがったり、心臓神経症の人が対人恐怖の気が知れないとおかしがったりするようなものです。その対人恐怖なり心臓神経症にしても、いろいろあります。
この独自性ということを考えますと、世の中はまさに百花繚乱であります。
 第三は、主体性であります。
考え、判断し、選択し、行動するのは、ほかならぬ「私」であります。ほかの誰でもありません。「私」なのです。そういう独自性を発揮するところに主体性があります。
 第四は統合性です。
人それぞれいろいろな特徴がありますが、そうした特徴をよせあつめても一つの性格にはなりません。俳優は実にいろいろな性格の人を演じますね。しかし、同じ役をやっても、俳優によって違います。上手下手があります。それは、役の特徴をいかに発揮し、しかも統合できるかによって違うのだろうと思います。



性格は変わるもの

第五は変化性です。
 性格は生まれつき固定したものではなく、変わるものだということです。これは、皆さんがよくご存じのことですが、世間には、性格は遺伝的なもので変わらないと思いこんでいるかたが少なくありません。皆さんのなかにも、かつてはそう思いこまれていたかたもおありのことと思います。自分の性格を嫌いなかたが、この嫌いな性格が遺伝的なもので、変えようがないとすれば、生きる希望も失われますね。
 お互い、ふりかえってみましょう。四、五年前、あるいは十年前、入会当時といまの自分がどう変わっているか、仲間がどう変わっているか。自分の変わりようは、そうはっきり見えないかもしれませんが、それでも、われながら変わったなあ、と思われるでしょう。ほかの人については、これは、はっきりと気づかれるに違いありません。学習と体験をつみかさねるうちに、だんだんと変わってきたのです。
 入会当時は、こんな大勢の人の前で、話をするなどとても考えられなかったようなかたが、いま立派に司会もされ、あるいは助言もされています。変わるのですね。
 高良先生も、性格はその人の素質と環境、それにその人の努力や人生観によって変わるといっておられるのです。
藤野先生は、以上の五点をあげておられるのですが、森田理論ではもう一点、両面性をあげなければならないでしょう。
 そこで、第六は両面性ということです。
 私たちは学習で、性格にはプラス面とマイナス面があることを学んでいます。神経質の性格特徴としては、反省心が強くて、まじめで、責任感が強い、というプラス面の半面には、自分の心身の状態を細かく観察し、わずかな弱点とか欠点を大きく見て劣等感を抱いたり、ちょっと胃がもたれたり、頭が重かったりすると、病気になったのではないかと取越苦労するといったマイナス面があります。
 粘り強く、忍耐強くて、努力家です。五年、十年と神経質の症状と闘いつづけるなどということも、努力家でなければできませんね。忍耐強い半面、物事にこだわりやすく、融通がきかないというマイナス面があります。五年も十年も症状と悪戦苦闘するのは、このマイナス面のあらわれですが、森田理論を学んで、苦しみに耐えて、努力方向を切りかえてプラスの実践をされてゆく姿には、このプラス面をはっきりと見ることができますね。
 向上欲、完全欲が強く、努力を惜しまない、また何ごともきちんとする几帳面さもプラスです。その半面、完全主義に陥りやすいというマイナス面があります。百パーセント完全でないと気がすまない。ちょうど学校のテストでいつも百点をとらなければ承知できない、といったようなものです。お母さんでこういう傾向の強い人は、子どもが八十点をとってくると、二十点足りないことが、くやしくてなりません。前のテストのときよりいい点をとっていても、そこには目がいきません。ガス栓や水道の蛇口をしめながら、まだガスがもれているのではないか、水がもれているのではないかと気になった、何回も締めなおさなければ気がすまないといった強迫的な行動をするかたがおりますが、こういったのは完全主義の権化のようなものですね。
 また、神経質の人は感受性が強く、こまかいことにも気がつきます。人の気持ちも思いやることができますが、内面的に偏りますと、自分の感ずる不安感や苦痛に敏感になり、それにとらわれやすくなります。神経質の症状は、普通の人にも、時と場合によって、誰でも感ずることですが、そこに注意を集中するために、いよいよ強く感ずるようになり、ついにとらわれることになるのですね。これなど、感受性のマイナス面の代表的なものです。
 また、性格については、よく外向的とか内向的とかいわれますね。神経質の人は自己内省が強く、一般に内向的なのですが、しかし、単に内向的だけではないんですね。負けぎらいであり、勝ちたがりの面もあるんです。だから、ひっこみ思案で内向的な自分がきらいであり、そんな自分をなんとかもっと外向的な人間に変えたいと思ったりします。
高良先生は、神経質の性格はひじょうに複雑な性格だといわれています。内向と外向のように、相反する傾向をもっているから、よけい葛藤も強いのですね。単純な性格の人は、神経質の人のように、悩まないのは、葛藤することも少ないからです。
 性格を考える場合、このように、いろいろな特性をあげることができますが、こうした特性も結局は、人の行動をとおしてみるわけです。その人が、どういう行動をとるか、行動のしかたといいますか、その人の行動様式を感じとって、その人の性格を判断しているわけですね。
行動様式は一人ひとりそれぞれ独自なものです。行動のくせ(・・)と言い直してもよろしいでしょう。くせ(・・)というからには、習慣化されたものですね。とくに努力しないで、なに気なしにしている行動にみられるものですね。そういう行動にこそ、人の性格があらわれるのですね。
私たちが、気分本位でなく、目的本位だ、目的本位だといって、自分を戒め努力しているうちは、まだ性格的なものになっていない段階なんですね。とくに努力しないで、目的本位の行動がとれるようになったとき、はじめて性格的なものになったといえるでしょう。それまでは、やはり努力をつづけなければなりません。
 目的本位が性格的なものになったとしても、安心はできません。性格は変わるのですから、いつまた気分本位になるかもしれません。私たちは生涯にわたって、学習し、自分をふりかえることを怠るわけにはいきません。
 はじめに申し上げたように、人間の行動には、判断とか選択があります。何か目的があります。判断とか選択は、その人の価値観や人生観によって違ってくるでしょう。しかし、価値観や人生観が同じでも、行動様式まで同じだとはいえません。一人ひとりユニークです。そこのところを、少し考えてみましょう。



考えと考え方

私たちの日頃の行動は、私たちの価値観や人生観によって方向づけられます。対人恐怖症に悩んでいる人は、こんなことを言ったら笑われないだろうか、こんなおどおどしている自分はどう見られているだろうか、そういういことばかり気にして、そこで何が話しあわれているか、という肝心なことはうわの空ということがあります。
 そういう会合に出るのがつらくて、何とか口実をもうけて出ない算段をしたりします。ひとつの行動様式ですね。
 こうした行動様式は、どういう価値観なり人生観によるものでしょうか。人前で緊張し、人の思惑ばかり気にして話もできないようなことは、人間としていちばん劣等なことで、自分がそういう人間であることを恥辱と考えています。どんな人の前でも、落着いてきちんと話ができ、ときにはユーモアに満ちた話でみんなを楽しませることができ、好感をもたれ、信頼もされる人間でなければ、生きている価値がない、といったようなことを考えているのではないでしょうか。だから、緊張し、おどおどしている自分を受けいれることができないし、そんな自分の正体を人前にさらしたくないのです。
 森田理論の学習によって、時に、人前で緊張し、思惑を気にするということは、人間の自然の性情であって、これがあるからこそ、人と協調もできるし、人の気持ちも思いやることができる。気心のよくわからない人とか、日頃、尊敬している人とか、その人の機嫌をそこねるとあとがこわいとかいう人の前では、とくに緊張するものですが、それは用心深く対応していることなんですね。そのままでよいので、ということを学びます。いままでと全く違う考えに出会って、ああ、そうだったのか、とびっくりします。自分のこれまでの考え方の誤りに気づきます。
 しかし、これで考え方は変わるでしょうか。わかったつもりでいても、人前に出ることはやっぱりいやですし、緊張すればやはり劣等感に打ちのめされてしまいますね。感情も考えも条件反射的にこれまでと同じ反応をします。これに耐えて、逃げたりごまかしたりしないで、ふみとどまらなければなりません。苦しいですね。この苦しい階段をのりこえるためには耐えるしかない。この耐える力を支えるのが、森田理論による新しい考え方です。この新しい考え方を自分のものにするためには、つねにこの新しい考え方で考えることが大切です。
 条件反射的に古い考え方が起こってきますが、耐えながら、逃げないで、新しい考え方で考えるのです。「これが人間の自然なんだ。あるがままに、ビクビクしながら応対してゆくんだ」と自分に言いきかせます。また、夜寝る前に、森田の本を読んで、新しい考え方を確認し、今日の自分の行動、はずかしい思いを耐えて自分なりに精いっぱいやったことを認めます。私はよく、一日五分でよいから森田の本を読んで下さいと申しますのも、このことなんです。
 くりかえし、くりかえし、こういうことをしてゆくことによって、新しい考え方が古い考え方にとってかわるのです。要するに、新しい考え方でつねに刺激することによって、新しい考え方が形成されるのですね。
考え方を変えるのは、感情のくせ(・・)を変えるのよりは変えやすいのですが、決してそう容易なものではありません。それに森田的な考え方が身についたからといって、油断できません。つねに、これを強化してゆかないと、またいつの間にかもとにもどってしまいます。
 一度退会したかたで、何年ぶりかでまた入会してこられるかたがいます。聞いてみると、症状も軽くなったし、理論もだいたいわかったからと退会、その後は本も読まないでいたところ症状が再発したというのです。いつの間にか、古い考え方にもどってしまっているのです。
 一日五分の読書、月一回の集談会出席ということが、どんなに大切か、お考えになっていただきたいと思います。



センスを養う
そしてまた、私はセンスを養うことが大切だと考えます。
森田先生は「感じ」ということを大切にされました。素直な感じ、あるいは「純な心」ともいっております。神経質者はとかくこの素直な感じを、自分で抑圧したり歪めたりしがちですが、私は森田先生のいう「感じ」というのがセンスに通ずると思うのです。
 「あのかたはセンスがいい」「センスがわるい」とかいうとき、これは好み、趣味のことをいっていると思うのですが、その根本は同じだと思うのですが、いかがでしょう。
 どうも、マナーもわるい、センスもない私が、こんな話をするのは気がひけてなりませんが、それを自覚するだけに、いっそう強調したくなるのでしょう。お許し下さい。
 さて、このセンスをどうして養うことができるでしょうか。私は、ひとことでいえば、よく見ること、そこから生まれる感じを大切にすることではないかと思います。
 服装にしても化粧にしましても、私たちはある感じをもつと思います。いい感じかわるい感じか、好ましいか嫌悪をいだくか、あるいはどちらでもないか、感じはいろいろあろうと思います。それから、どこがいいか、どこがわるいかを観察するでしょう。
人のふり見てわがふりなおせ、です。わるい感じ、しっくりしない感じの服装や化粧は、自分でもえらばないはずです。やはり、いい感じのものから何かをえらぶはずです。年寄りが立っているのに、脚を組んでマンガなど読んで席をゆずろうともしない若者は、見ていて感じのよくないものです。その感じを大切にして、自分が立って席をゆずる、こういうことだろうと思います。
 植木鉢を見る、土が乾いている、あ、水をやらなければ、とすぐ水をやる。廊下にスリッパが脱ぎ捨てられて乱雑になっている。見苦しいですね。すぐそろえる。これが素直な感じであり、素直な行動ですね。
ところが、ここで、自分がやらなくても誰かがやるだろうとか、わざとらしく思われないだろうかと考えて、結局はほっておく、見て見ぬふりをすることがあります。はじめはなんとなくやましいことをしたような感じになりますが、二度三度こういうことをくりかえしますと、そのやましさも感じなくなります。鈍感になってしまうのです。鉢の植木は枯れるでしょうし、スリッパはいつも乱雑に脱ぎ捨てていることでしょう。親がこういう調子だと、その子も同じようになることは、まず間違いありません。
センスを養うもう一つ大事なことは、活動によって五官を錬磨することです。触覚、視覚、聴覚、味覚、嗅覚の五官、さらにお腹がすいたとかいう内部感覚といわれるものです。これらの感覚器官は活動することによって強くなります。これらの感覚器官が強くなれば、それだけ感じも鋭敏になります。
 神経質症に悩んでいると、症状についてはひじょうに鋭敏ですが、ほかのことについては鈍感です。ほかのことについても鋭敏になればよろしいのですね。
 お花や貼り絵や習字や料理の同好会が盛んですが、けっこうなことだと思います。ヨガやテニスをなさっているかたもおありでしょう。大いにやって下さい。やってみようかなと思ったら、まず手を出してみることです。


忙しい環境に身を置く

そうしたら忙しくなります。忙しくなると家事がおろそかになるでしょうか。私は反対ではないかと思いますがいかがでしょう。忙しくなると、注意が活発になって、あれにもこれにも気がつく。やらなければならないことが、たくさん出てきます。どうしても時間を上手に使わなければならない。工夫します。計画性が生まれます。ぼやっとしている時間がなくなります。劣等感に悩んだり、視線恐怖に悩んでいる時間がなくなります。
 ぼやっとしている時間が多いと、ろくなことは考えません。「小人閑居して不善をなす」で、神経質症状に悩んでいるようなときはとくに、ろくなことは考えません。それで、結局、家事とか仕事をおろそかにしてしまいます。発見会で世話役をされているかたは、忙しい環境を作っておられるわけですが、このへんの事情はよくおわかりのことと思います。
 そんなふうに他の会員のかたのためと努力していくと、性格が変わっていくのです。神経質のプラス面が、自然に発揮されていくのです。
ここに、Yさんがいらっしゃる。入会当時と現在をくらべると、たいへんな変わり方です。入会当時のYさんは人前で話をするなど考えられなかったと思います。今日の体験発表をされたTさんもそうですね。皆さん、変わります。変わろうとして変わったわけではありません。自然に変わったのです。いつの間に変わっているのです。
神経質の症状と同じですね。治そうとして治るものではありません。自然に、いつの間にか治るのです。忙しい環境に身を置き、あれやこれやの活動にからだごと投げかけてゆくような毎日をつみ重ねてゆくうちに、新しい考え方・価値観とともに新しい感情のくせも身について、症状中心の考え方や感情のくせ(・・) が退散してゆくのです。
このとき、行動様式も変わっており、「自分のことは明日考えよう」というように、自己中心性も克服され、神経質のプラス面が発揮されてくるのです。
 注意も四方にくばられ、物事もよく観察され、強がったり、ごまかしたりしないで、感情の自然に従いながら、しかもなすべき行動はくずしませんから、センスも磨かれます。私はつくづく思うのですが、発見会に入会して数年のうちに、女性のかたは皆さん、たいへん魅力的になってゆきます。お世辞ではありません。生き生きとしてくるのです。
結局のところ、自分を知る、自分の長所も弱点もともに認めたうえで、自分のほんとうの欲するところを自覚して、欲するところに向かって、毎日自分なりに実践している、そういう自分を認めているからではないでしょうか。
 当面、症状に苦しんでいるかた、自分の性格を嫌悪しているかたは、まず苦しみに耐えて、日常生活を堅持して、学習なさって下さい。必ず、ここにおられる先輩がたのように、明るい魅力的な人になります。

代表的な体験談を 集めてみました
どうして自助グループ活動
なのでしょうか
一度
、会を見てみたい方は
こちら
生活の発見会の
入会手続きはこちら
お近くの発見会はこちらから