h2_title1

生活の発見会は、神経症に悩む人々(私たち)が集い、
「(1)悩みや回復体験の共有、(2)森田理論の学習、(3)実生活で実践、(4)自分を見つめ直す」
これら4つのサイクルを通し、回復の実感体験を後押しするNPOです。
発見会には、仲間がいて、一緒に学び、話し合える空間があります。
同じ悩んだ(悩んでいる)仲間だから、恥ずかしがる必要はありません。解決の輪

発見会には、神経症からの回復を目指している方はもちろん、回復されても人生の「座右の銘」として森田理論を学び続ける方が多くいます。
発見会は、悩みを持つ方であれば、どなたでも参加できます。
全国にある発見会(集談会または懇談会という名前で呼んでいます)というページから、ぜひあなたのお住まいに近い会を探してみて下さい。

shuudankai01
[集談会の風景]

[神経症のタイプについて]
発見会では次のような症状に悩む方が参加しています。
◎不安症 (不安神経症 / パニック症・限局性恐怖症・広場恐怖症・全般不安症など)
急激に起こってくる不安発作を主症状とし、救急車を呼ぶなど大騒ぎすることがあります。発作中は心悸亢進・頻脈・呼吸困難・めまい・ふるえなどの症状を伴います。代表的なものが心臓神経症ですが、電車に乗れない乗物恐怖もあります。

◎強迫症と関連症群 (強迫神経症 / 社交不安症・醜形恐怖症・ため込み症・抜毛症・皮膚むしり症など)
あることを恐怖しながら、反面、その恐怖を打ち消そうとして葛藤を生ずるもの。対人恐怖症(赤面恐怖・視線恐怖・表情恐怖など)、強迫症、代表的なものとして不潔恐怖・確認恐怖・雑念恐怖・不完全恐怖などのほか、何事にも疑惑を覚える疑惑癖、物事を根掘り葉掘り詮索しないと気のすまない詮索癖もこれに入ります。

◎身体症状症と関連症群 (普通神経症 / 身体化障害・疼痛性障害・心気症・疾病不安障害など)
一因として、正常に機能している心身のわずかな不快感を病的だと思い、注意を集中して症状が増悪し固着したもの。身体因の見当たらない慢性的な胃腸症状、性的症状、慢性疼痛、心気症や疾病恐怖(エイズ・癌など)。また偏頭痛、ストレスによる消化性潰瘍・過敏性腸症候群、心臓血管系の症状、アレルギーや更年期症状など。

*詳しくは下記の一覧表をご覧下さい
森田療法が効果をあげ得る主な疾患

※残念ながら症状が重く日常生活ができない方、統合失調症、双極性気分障害、パーソナリティ障害、発達障害、てんかんの方には森田理論学習は有効ではありません。
※医師からそううつ病、うつ病という診断を受けた方の参加については、適否を一度医師にご相談ください。
代表的な体験談を 集めてみました
どうして自助グループ活動
なのでしょうか
一度
、会を見てみたい方は
こちら
生活の発見会の
入会手続きはこちら
お近くの発見会はこちらから