h2_title5

生活の発見会には40年以上の歴史があります。森田療法はさらに溯って大正時代の生まれ。
この歴史の長さが信頼の証です。
(この表は、現在編集中です)

森田療法の歴史 発見会の歴史
1874年(明治7年)
森田正馬誕生
1919年(大正8年)
森田療法開始
1932年(昭和7年)水谷啓二 森田療法により全治
1937年(昭和12年)
高良武久 森田療法を
継承・発展・体系化
1938年(昭和13年)
森田正馬没
1940年(昭和15年)
高良興生院を設立
1956年(昭和31年)水谷啓二「啓心会」発足(発見会の母体)
1957年(昭和32年)「生活の発見」誌を創刊
1970年(昭和45年)水谷啓二没
同年、長谷川洋三を中心に「生活の発見会」が発足 相互学習へ展開
1983年(昭和58年)
日本森田療法学会設立
1983年(昭和58年)第1回日本森田療法学会に参加し活動成果を発表(以降毎年参加)
1988年(昭和63年)
(財)メンタルヘルス
岡本記念財団設立
1998年(平成10年)第50回保健文化賞受賞 厚生大臣より表彰
2005年(平成17年)特定非営利活動法人 東京都より認証
2018年(平成30年)現在に至る
代表的な体験談を 集めてみました
どうして自助グループ活動
なのでしょうか
一度
、会を見てみたい方は
こちら
生活の発見会の
入会手続きはこちら
お近くの発見会はこちらから