h2_title4

理念
私たち生活の発見会は、森田療法理論を中心とするメンタルヘルスに関する相互啓発型学習と実践活動並びに普及活動を行い、人々の心身の健康の向上と福祉の増進に貢献します。


ビジョン
・ ひとりでも多くの人々に私たちの活動をお知らせし、悩める方が私たちとともに学ぶ機会を作れるように、私たち一人一人が工夫し手を差し伸べます。
・神経質や生きづらさに悩む人々に、自助活動を通じて共感と理解に基づく安心の場を
提供します。
・集談会を基本的な活動の場として森田療法理論を中心にともに学びあい、支えあって、とらわれからの解放とさらなる人間的な成長を目指します。


生活の発見会の活動指針
私たちは「会則」に基づき、以下の指針を相互に尊重しあいながら活動しています。
宗教・政治活動とはいっさい関わりがありません。
(1)森田理論集団学習の目的 生活の発見会(以下発見会という)の森田理論集団学習の目的は、神経質症の症状を乗り越えるだけで なく、森田療法理論(以下森田理論という)を実生活のなかに生かして、より建設的な生活をしていくことにある。したがって、この目的に共鳴し、日常生活を 維持している人であれば、誰でも活動に参加することができる。
(2)発見会の活動の主旨 発見会活動は、森田理論の集団学習と実践を通して、自分の問題を自分で解決するために、自分の意志で活動に参加することを旨とする。
(3)発見会の組織 発見会の森田理論集団学習の組織は、医療の場ではなく、会員同志の相互理解・相互啓発のもとに、余暇を有効に使って、自主的に活動する 自助組織である。
(4)会員同志の関係 会員同志は、生きる仲間として、温かい人間的な交流をはかり、 お互いの経験と希望を分かち合って、共に成長し、よりよく生きる ことを探求する。
(5)組織の中の役割・名称 組織の中の役割・名称(幹事・理事など)は、組織活動を円滑にするためのもので、会員は相互に平等である。
(6)プライバシーの保護と、営利目的の活動の禁止 発見会では、会員同志のプライバシーの保護を重んずる。また会員は、 仕事上または私的な営利に関すること(宗教・政治活動などへの勧誘 を含む)を、組織活動に持ち込んではならない。


代表的な体験談を 集めてみました
どうして自助グループ活動
なのでしょうか
一度
、会を見てみたい方は
こちら
生活の発見会の
入会手続きはこちら
お近くの発見会はこちらから